性行為をしてから一定期間経過すると、性器やその周辺、喉(のど)などに異変を感じることがあります。

1~2週間程度してから異変に気付くので、最初は性行為が原因だということは理解し難いです。

また、性器やその周辺に異変があれば性病だと自覚しやすいですが発熱や喉の痛み、全身の倦怠感などを生じた場合は性病ではなく風邪だと勘違いしやすいです。

性病

大半の性病は病院に行って治療を実施すると完治することができますが、性病はデリケートな問題なので、初めて性病に感染した場合は病院で診断を受けることを躊躇する方々が多いです。

性病はそのまま放っておくと症状が悪化してしまうだけでなく完治するまでの時間もかかってしまいます。

女性の場合においては症状が重くなると、不妊症になるリスクも高まってしまいます。

症状別の性病チェック

性器やその周辺、喉などに現れる症状から感染している性病をある程度把握することができます。

性器の痛みや違和感

性器に痛みを感じたり、違和感がある場合は性器ヘルペスやトリコモナス膣炎、膣カンジダ症などの疑いがあります。

尿道から膿が出る場合

尿道から膿が出てくる場合は、クラミジアや淋病に感染している恐れがあります。

おりものの異常

女性限定ですが、黄色や緑色のおりものが出る場合はトリコモナス膣炎に感染している恐れがあります。また、黄色のおりものが出た場合はクラミジアに感染している疑いがあります。

性器のできもの

性器にできものができた場合は尖圭コンジローマ、性器ヘルペスなどに感染している可能性があります。

陰毛周辺の痒み

陰毛周辺に痒みを感じる場合はケジラミに感染している恐れがあります。

病院で診断してもらおう

明らかに性病に感染していることが理解できる場合は直ちに病院に行って信頼できる医師から診断を受けるようにしてください。

大抵の性病は薬を服用したり、患部に医薬品を塗布するなどして治療することができます。

性病の治療を受けることに恥ずかしさを覚える方々も多いですが、性病の場合は自然治癒することはありません。そのまま放っておいてはどんどん症状が悪化しています。

性病検査キットでチェックできます

また、性病かどうか分からない場合や病院で検査を受けるのが恥ずかしいという場合は、性病検査キットを利用する方法を検討して下さい。

性病検査キットは自宅で簡単に検査を受けることができる商品です。

検査は信頼できる検査機関が担当してくれるので、検査結果にも信憑性があります。

性病検査キットの一番のメリットはやはり誰にも知られずに性病に感染しているかどうかをチェックできる点です。

検査方法は少量の血液や粘膜を採取するだけです。採取した検体を検査機関に郵送すると、数日後に検査結果を報告してもらえます。

既に明らかな症状が現れている場合は即刻病院に行って治療をするべきですが、その場の勢いでワンナイトラブを経験した方や風俗に行った場合などで、性病に感染してしまったのではないかと不安に感じている場合は、このような性病検査キットが非常に役立ちます。

性病検査キットの価格はそれぞれ異なりますが、大体1万円前後で販売されています。もちろん1つの性病だけでなく複数の性病に感染しているかどうかを一度に確認することができて便利です。

あなたが性病に感染しているか不安に感じているのであれば、一度性病検査キットを利用してみてはどうでしょうか?