クラミジアや淋病などの性病の検査方法を詳しく解説します

性行為をして1週間程度経過した後に、性器や咽頭部分に異変を感じた場合は性病に感染している恐れがあります。

主な性病としてはクラミジアや淋病、梅毒などが挙げられます。

性器部分が痒くなったり、白い膿などが出てきたら、ほぼ性病に感染していると言えます。

性病に感染したかどうかを調べるためには病院で検査を受けるのが一番です。

性病検査

病院で性病検査を受ける

性病は病院で検査を受けることができます。男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科で対応してくれます。

大抵の性病は血液検査で感染しているかどうかが判明します。クラミジアや性器ヘルペス、梅毒などは血液検査を実施します。

また、血液検査以外に尿検査を実施することもあります。特に男性の場合は尿検査を実施することが多いですね。

クラミジアや淋病などに感染して性器に異変が起こっている場合に実施される検査方法です。

女性の場合はおりものから検査をすることができます。

膣内に綿棒のような検査用具を数センチほど挿入して内部の粘膜を採取します。

おりもの検査ではクラミジアやトリコモナス、カンジダ、淋病などに感染しているかどうかが判明します。

咽頭部分に異変を感じる場合は喉の粘膜を採取して検査を実施します。

喉に感染する性病としてはクラミジアや淋病などが有名ですね。

また、病院で検査を受ける場合は保険が適用されないケースがあることを覚えておいて下さい。

引用文

症状がない段階で検査を受けると、保険が適用されないケースが多いです。全額負担の場合は1項目の検査で約2,000円~4,000円程度となっています。

出典:教えて!一体どこで性感染症(性病)の検査を受ければよいの?

保健所でも検査ができる

性病検査は病院以外にも保健所で検査を受けることができます。

保健所で受けられる性病はHIV(エイズ)がメインとなっています。そのため、HIVの検査を受けたついでにその保管クラミジアや梅毒、淋病などの検査ができる仕組みになっています。

保健所での検査は無料となっているので、検査にお金をかけたくない方におすすめです。

但し保健所で検査を受ける際は事前に予約をしておく必要があります。病院のように突然来院して検査を受けることはできません。

検査キットを活用する

その他には検査キットを購入して自宅で検査を受けることもできます。

最近ではこの性病の検査キットをインターネットなどで購入して検査を受ける方々が増えています。

例えば、ふじメディカルや宅配ドクター、さくら検査研究所などが有名ですね。

検査キットの費用はそれぞれ異なります。検査を希望する性病の数によっても金額は異なります。

大体3,000円~6,000円程度で購入することができる検査キットが多いですね。

中には複数の性病を同時に検査ができるセット商品も用意しているウェブサイトも存在します。

性病に感染しているかどうかは非常にデリケートな問題です。女性だけでなく男性も検査を受けるのに抵抗があると思います。

検査キットなら誰にも知られずに自分で検査ができるので、周りの目を気にしなくて済むというメリットがあります。

性病の検査を受けるために病院や保健所に行くことに抵抗がある場合は検査キットを購入することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です