性器の異臭が気になる!臭いの原因と性病の危険性

健康な状態でも性器の臭いはします。男性の場合なら尿や精液、恥垢などによって臭いを発します。

女性の場合はおりものから臭いがするケースが多いです。その他には陰部周辺にアポクリン腺という外分泌腺があってその分泌液から臭いがすることもあります。

このように、男女関係なく性器は無臭ではなく、ある程度の臭いがするものなのです。

異臭

一般的なケース

性器周辺に限らず、身体の臭いがする原因は細菌の増殖です。汗をかくことで細菌が増殖しやすい環境になって臭いが発生します。

陰部周辺は下着を履いて、その上からズボンやスカート、ストッキングを履きます。

そのため、陰部は風通しが悪く汗がかきやすくなり、他の部位よりも臭いがするのです。

男性の性器が臭う場合

男性の性器が臭う場合は性病に感染している可能性は低いです。尿や精液、恥垢などによって臭いがするだけです。

中でも包茎の場合は包皮の中に雑菌が繁殖しやすい環境になっているため、より臭いがするケースが多いです。

包茎などによって雑菌を繁殖している状態で性行為をすると、相手の女性にも雑菌を移してしまい、細菌性膣炎になる恐れがあるので、パートナーのためにもいつも清潔に保つように努力をしてください。

例えば性行為をする前には必ずシャワーなどで性器部分をキレイに洗うなどの気配りが大切になります。

女性の性器が臭う場合

その一方で女性の性器が臭う場合は性感染症に感染している可能性があります。

膣カンジダ症

まずは膣カンジダ症です。膣カンジダ症に感染すると、鼻にツーンとくるような強い臭いがします。下着におりものが付くとチーズのような感じになります。

また、おりもの自体も白いヨーグルトのような状態になります。

膣トリコモナス症

膣トリコモナス症に感染した場合も強い臭いがします。おりものが黄色っぽくなり、泡立っているのが特徴です。

すそわきが

その他には『すそわきが』になっている可能性もあります。ワキガと同じ原理で発生する仕組みです。

ワキガの原因となっているアポクリン腺は実は陰部にも存在します。

このアポクリン腺から汗が発生すると他の部位よりも強い臭いがすることがあるのです。

ワキガのような臭いがすることもありますが、陰部の場合は汗が尿やおりものなどと混じり合うことで独特の臭いを発することも多いです。

必要以上に洗わない

臭いが気になるからといって、必要以上に性器を洗わないようにしてください。

特に女性の場合は体調によって、おりものの臭いが変化するケースもあります。

性器の臭いに神経質になって石けんやビデなどで必要以上に洗浄すると、あなたの身体を守る役割がある善玉菌も洗い流されて、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

デリケートゾーン専用の石けん

特に性病などの可能性がなく、単に性器の臭いが気になるのであれば、デリケートゾーン専用の低刺激の石けんを使用することをおすすめします。

最近ではさまざまなデリケートゾーン専用の石けんが販売されています。

女性器の膣は強酸性となっていて雑菌などから守る働きがあります。一般的な石けんの中にはアルカリ性でできているものがあり、このような石けんを使用すると膣内のpHバランスが崩れてしまい、あまりおすすめはできません。

できれば膣内の酸性のバランスを崩さないような弱酸性の石けんを使用するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です